配電ボックスのサージ保護装置はどこに設置されていますか

こちらが配電ボックスに設置されているサージ保護装置です

 

サージ保護デバイスは、電源システムに侵入する雷サージを即座に放電できるため、ルート全体の電位差が一定であるため、等電位コネクタと呼ばれることもあります。しかし、多くの顧客がサージプロテクタを注文した後、彼らはそのような問題に遭遇します:配電キャビネットのどこにサージ保護デバイスを組み立てるべきですか?配電盤内のサージプロテクタの組み立てについて説明します。

 

配電キャビネットには通常、負荷へのスイッチング電源の配電を制御するために、エアスイッチ、リークスイッチ、ヒューズなどが装備されています。一般的に、三相5線式メインエアスイッチに加えて、エアスイッチは引き続きバックロード分岐道路に配電されます。。

 

したがって、組立状態と配電状態に応じて、エアスイッチの両側をスイッチング電源側と負荷側に分けることができます。エアスイッチ側がスイッチング電源に接続されている場合はスイッチング電源側、負荷に接続されている場合は負荷側になります。メインエアスイッチは、両側がすぐに負荷に接続されていないため、すべてスイッチング電源側にありますが、サブエアスイッチは、スイッチング電源側と負荷側で異なります。

 

スイッチング電源側と負荷側を理解した後、配電キャビネット内のサージ保護デバイスの組み立てをマスターしましょう。国際規格では、サージプロテクタはスイッチのスイッチング電源側に設置する必要があると規定されているため、通常、三相5線式遮断器の前または後ろに組み立てることができます。ただし、具体的な組み立てもその場で詳細に応じて決定する必要があります。たとえば、配電キャビネットには個別のエアスイッチやその他の特別な状況はありません。メインエアスイッチの前部がスイッチング電源側、後部が負荷側です。

 

たとえば、狭い地域の祭りの灯籠の配電キャビネット計画を立てるときに、特別な状況に遭遇しました。住宅街の祭りの灯籠には割り当てエアスイッチがありますが、あまり使用されず、ほとんどの場合中断されます。 。いくつかのユニークなフェスティバルの期間中のみオープンします。

 

このような状況を考慮して、メインエアスイッチが配電キャビネットの唯一の電源スイッチになります。メインエアスイッチの左側がスイッチング電源側、右側が負荷側であるため、サージ保護装置はメインエアスイッチの左側にある三相5線端子に組み立てる必要があります。 。

 

全体として、どのような状況であっても、スイッチング電源側と負荷側を区別する方法を知っていれば、サージ保護デバイスの組み立て位置に関する国際規格の要件に従うだけで済みます。サージプロテクタが配電キャビネットのどこに組み立てられているかという問題は解決できます。


投稿時間:2022年6月29日